トップ / コンピューターの無償のOS

コンピューターの無償のOS

コンピューターの手順

掃除

コンピューターソフトの認証

現在使用されてるPC用OSはマイクロソフトのwindowsが大きなシェアを占めていますが、有償のOSであるために必ずマイクロソフトの正規品認証を受ける必要があります。これはコンピューター上でシリアル番号を入れる場合と、電話による認証が必要な場合があります。これを受けていなければ、正規品として認められず、アップデートが受けられなくなるなどの使用規制がかかります。このようなトラブルをなくすためには、必ずコンピューターの製造元などからのOEM供給、プレインストールされたものを購入しなければなりません。しかし、今後OSは無償で供給される流れが強くなるであろうと予想されるため、必要な手順ではなくなる可能性があります。

認証機能の導入とは何か

現在使われている多くのコンピューターでは、認証機能が導入されています。これは第三者が勝手に操作しないようにするためのもので、セキュリティ面で必須といえる機能です。家庭用のパソコンでも、同じように認証機能が用意されています。電源を入れ、ログオンするときに入力するパスワードが代表的なものです。また、銀行のATMで入力する暗証番号なども、その一例です。最近では、より強固なセキュリティを実現するために指紋などの生体機能を利用するシステムも開発されています。コンピューターでも、指紋センサーを持った機種であれば同様のことが可能で、特にビジネスの現場で使われるパソコンでは広く使われています。

↑PAGE TOP

© Copyright コンピューターのOSの必要性. All rights reserved.